calendar

          03« 2017/04 »05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

エミリー

Author:エミリー
【詳細プロフはこちら!
誕生日:4/17
星座:牡羊座
血液型:O型
性別:♀
性格:とにかく多趣味♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに、始動。 

まず、これまでの私と彼の歩みをダイジェストに紹介しておきます。

▼今から約1年半前の高校2年生のとき、両思いで付き合い始める

▼半月ぐらい経ち、彼の部屋に行ったとき、SOKAのシールを偶然発見
 しかしそのとき私は「あまりよくない団体」くらいにしか認識がなかったのでスルー

▼ネットで創価について少し調べて不安がよぎる。
 受験期にさしかかっていたので、この宗教問題を受験後に先送り

▼先送りと言いつつ受験中も一人で悩み苦しみながらも、付き合いを続ける

▼受験後、本格的にネットで調べたりして悩み始め、泣き暮らす日々
(このときの様子はチョココ様のブログ『創価の彼、無宗教の私』のコメント欄をご参考に・・・)

▼彼との話し合いをなかなか切り出せないまま、

悩む、

悩む、

悩む、

悩む・・・・・







しかし本日、やっと話し合いができました。ついに宗教問題のゴングの鐘が鳴りました。カーン
というわけで、これから本格化していくと思うので自分のブログを立ち上げることにしました。
今日のこと、これまでのこと、これからのこと・・・ご報告させてください。



事の始まりは、最近彼が忙しくなってきたという話題で、「会合」という言葉が出てきたことから。

私は予備知識などあったのですが、わざと「会合??」と聞き返しました。

彼は正直に話し始めました。そして、「エミリーは創価学会についてどう思う?」と。

私は、創価学会について今まで一人で悩んできたこと、彼と私の将来のために別れまで考えた
ことがあったことなど素直に話しました。
まぁ、いきなりの展開に戸惑い、言いたいことの半分も話せませんでしたけどねぇー。涙

でも彼としては、

「わがままかもしれないけど、
俺は別れたくないし、創価やめたくないし、できればエミリーにも入ってもらいたいと思っている」

だそうで。
でも私は、彼が宗教をやめろといわれるのと同じくらい、宗教に入るのには抵抗があると伝えました。

だけど、ネットとかに書いてある誹謗中傷だらけの噂だけで決め付けないでほしいと言われ、

一度彼の親と食事がてら話を聞いてみて欲しい、と頼まれました。

その件は承諾したけれど、なんだか早くも折伏されてしまうんじゃないかと不安でたまりません。
その場の雰囲気に流されやすい性格なので、入る方向に流されて洗脳されちゃうんじゃないかとか・・・

こわいよぅ・・・・・・・


うちの親には、まだ話さない方針になっています。
うちの家庭はとある事情(ゆくゆく話します)で、創価学会は断固拒否なのです。
うちの親に知られたら、その時点で一刀両断に別れさせられますから・・・・・・・・


とりあえず、この通過点を経験した方々のブログをもう一度読みなおしてみようと思います。

なにかアドバイスあったらコメントください。はぁ・・・・まだまだ始まったばかり。頑張るぞ(;_;)
スポンサーサイト
決戦は金曜日(ってドリカムの歌であったよね・・・) | HOME |

COMMENT

[ ] byミント(URL) 2008/05/01(木) 23:34:51 [Edit]
こんばんわミントです@
「ネットを信じないでちゃんと本当の姿を見てみてほしい」うちの彼もそういっていました。
本当に同じようなことを言いますね・・・

>チョココさん
チョココさんお元気でしたかー
便りのないのはよい証拠♪だと思って安心しておきます^^
うちはいろいろ進んだり戻ったりしてます。
最近戻りっぱなしですけどね・・・(涙
また色々お話しさせてくださいねー^^

>エミリーさん
チョココさんの「はい」と言わないは本当いいと思います。
私も彼母と話す、となった時、それだけは頭において行きました。
きっと、彼母は全くそんなこと思っても気付いてもいやしないでしょうがね・・・
「はぁ」「ほほぅ」「へぇぇ」のローテーションで数時間を乗り越えました(苦笑
それプラス「わかりました」という言葉は絶対に言わないようにしました。
学会がからんでいない話でも前後関係を勝手に結んでることがあるので@
私の場合、1対1だったので自分の身は自分で守るしかなく、お店に入った時、店員さんや、お客さんが多く通る席を選びました。
あと壁を背にすると相手にしか神経がいかないので、どちらも壁を背にしない席。
少しは周りを気にするかなぁという小さい抵抗ですが(苦笑

チョココさんの言われるように、彼発案か彼親発案かと、家かどうかはかなり確認しておきたいところですね。

>ビアさん
チョココさんのところでいつもコメント読ませていただいていて
すごいなあと思っております。
そうですついに開幕戦が始まりました・・・
なんていうか最近は2歩進んで3歩下がる感じですけどね(苦笑
みなさんに力をもらいながらなんとかがんばってます@
ビアさんもついに戦い始めですか!
いっしょにがんばりましょうっ(んなこと言ってもなんもできないですが・・・)
これからいろいろお話聞かせてくださいね^^

私信ばかりで長くなってしまってごめんなさい
また寄らせてもらいます^^
[ 度々、失礼します~!m(__)m] byビア(URL) 2008/05/01(木) 17:29:39 [Edit]
チョココさん、最近、育児で大変だったのですね。
お疲れ様です。
でも、最近、ブログにお姿がないので「もしや何か?!」ちょっと心配しておりました。
とりあえずお元気そうで安心しました。
小さなお子様を抱えていろいろご苦労もあるかと思いますが、頑張って下さい!p(^^)g
(でも、子育ての苦労は幸せの証かも☆)

ミントさんもついに開幕戦を迎えられたのですね。
私も実は5月に入りもうすぐ戦いが始まろうとしています。
ミントさんの頑張っておられる様子に勇気を頂いております。
「私も負けないゾ~!」という気持ちになれます。
ありがとうございます。

エミリーさん、読み返してみて「ミスタイプ」が多い事を認識しました。
スミマセン…(ショボ~ン)
[ ] byチョココ(URL) 2008/05/01(木) 15:48:34 [Edit]
 
 こちらでは初めまして、お久し振りです、チョココです^^
 ブログ開設されたんですね、相互リンクのお誘いとても光栄です、ぜひよろしくお願いします。
 ひょっとしたらその影響でバリさんも流れてきてしまうかもしれませんが、困った時はみんなで協力しましょうね!
 
 それにしても急展開で、大変でしたね、めちゃくちゃ怖いお気持ちわかります……。
 育児でひっちゃかめっちゃかになってて反応が遅くて申し訳ないです。
 
>> 彼の親と食事がてら話を聞いてみて欲しい、と頼まれました。
>> なんだか早くも折伏されてしまうんじゃないかと不安でたまりません。

 元々彼氏さんのご家族とは仲が良かったんですよね、ってことはやっぱり折伏かなぁ。
 嫌だなぁ、ほんと気が重いですね。
 この、話し合いの場の提案を持ちかけたのが彼氏さんであるのか、それともご両親であるのか、それだけは先に確認しておいた方がいいと思います。
 彼氏さんである場合は守ってくれる可能性はほとんどないですから自分で自分を守る覚悟が必要ですし、ご両親であるならばある程度彼氏さんに約束を取り付けておくことも可能ですよね。
 もし可能なら……できれば彼氏宅での食事は避けて、外食が好ましいでしょうね。
 家だと最悪何時間引っ張られるかわかりませんから。
 家に決まってしまっているなら、わざとその後に予定を入れて時間制限を作っておくのもありかも。
 
 でも逆に、ほとんど学会の話はされず、あっさり帰されるパターンも伺ったことがあります。
 学会家族と言っても平気そう、と思わせてから、みたいな^^;
 いわゆる、下種ってやつですよね。
 
>> その場の雰囲気に流されやすい性格なので、入る方向に流されて洗脳されちゃうんじゃないかとか

 流されそうになったら私達のことを思い出して気をしっかり持ってくださいね!(笑
 帰宅したらブログにあれ書こう、みんなにこれ聞いてもらおう、とか考えながら^^
 
>> ネットとかに書いてある誹謗中傷だらけの噂だけで決め付けないでほしい

 この言葉で、ネットに書いてあることに「真実はない」のだと彼氏さんが感じていることが読み取れる気がします。
 私達が書いて、主張しているのは「噂」ではないですよね。
 みんなが、いのちを削るような苦しい思いをしてやっと吐き出したものを「誹謗中傷だらけの噂」と捉えている間は、エミリーさんの声が彼氏さんの心に届くことはないかもしれません。
「ネットに書いてあることが誹謗中傷だらけの噂だけだとは決め付けないでほしい」と、いつか主張したいところです^^(笑
(もちろん今は言わない方がいいですよ!)
 ビアさんが仰っているように、彼氏さんも例に漏れず「学会内での指導そのまんま」の発言をするようですから、こう言われたらこう返す! というのを練習しておくと気持ちが楽になると思います。
 実際に言い返せなくても心の中で思っているだけで、スっとするものです^^
 
 私からは、とにかく「はい」となるべく言わない、を提案します。
 いつも私こればっかり言ってて芸がなくてすみません(笑
 会話の中で、つい「はい、はい」と相槌を打ってしまいがちなんですけど、それをするといざ「はい」と言いたくない時に、それが目立ってしまうんですよ。
 なるべく、「はぁ^^」「そうなんですかぁ」「なるほど」など、笑顔でかわしてくださいね。
 あとは「お守りご本尊だけでも」という言葉には絶対に乗らないってことでしょうか。
 
 今日はまず学会がどんなものかお話をよく聞くことだけで帰宅してからゆっくり頭の中で咀嚼しますね、とかなんとかうまいこと言って逃げてください。
 親にも相談できず、孤独を感じるかもしれませんがエミリーさんにはたくさん味方がいますよ。
 今も、書き込む勇気はなくとも見守っている人がたくさんいるはずです。
 エミリーさんの彼氏さんへの一途な想い、大好きです。
 遠くから応援しています。
[ こんにちは~!] byビア(URL) 2008/05/01(木) 13:48:36 [Edit]
エミリーさんと彼のお付き合いはもう彼のご両親はもう既にご存知で、これまでにも顔を会わされた事があってこれまでは良好な関係だったのですね。

>だけど、ネットとかに書いてある誹謗中傷だらけの噂だけで決め付けないでほしい

この彼の言葉をお聞きすると、学会内での指導そのまんまですね(^^;
ネットに書いてる事は批判、批難はありますが、嘘はそれほどないと思いますよ。
彼がその事をエミリーさんに言うだけでは、エミリーさんには創価を理解してもらえそうにないから、親御さんの手を借りようと思われてそういう計画を立てられたのかなぁ?

正直申しまして、もしそうだったとしたらエミリーさんの彼ちょっとズルイ~!
彼の親御さんからそんな話をされたらエミリーさん、断り辛いですよね~。
でも、バレタカモさんがいいアドバイスをして下さってよかったです(^。^;)
その場の雰囲気に流されないようにくれぐれもご注意下さいね。

私にとっては創価は100%存在悪です。
なので、本当は若いエミリーさんに創価なご家庭に育った彼とのお付き合いは「止めておいた方がいいんだけどなぁ…」と思っております。
でも、彼の事が好きだというのはよくわかります。
チョココさんのところに書かせて頂いておりますが、私は元夫も元彼も創価2世ですから…(^^;

彼の時は創価を意識した事はほとんどありませんでした。
ご両親にお目にかかった事もなかったですし。
でも、元夫(つまり結婚)の時にはほんとうに大変でした。
もう一度、あの姑が生き返って、あの時と同じ暮らしをするような状況になったとしたらもう二度と御免です。

まあ、そう言えるのも私が一通り、経験したから言えるのであって、実際に自分の身の上に降りかからってみないと納得が行かないのも人間だと思います。
私だって元夫と結婚して姑と同居してみて、その時やっと「創価学会はアカン…」と心の底から納得がいったの訳ですし…(^^;

私はエミリーさんが納得の行く所に行き着かれるまでお話相手をさせて頂ければと思っております。
私の行き着いた場所とエミリーさんの納得できる場所は全く違う地点かもしれませんが、その過程に共通する場面もあるかもし、もしかすると少し位はお役に立てる事もあるかもしれませんから~。
[ ] byミント(URL) 2008/04/30(水) 22:55:38 [Edit]
こんばんわ。
ブログ開設おめでとうございます^^
学会3世の彼を持つミントと申します。
両家に結婚を大反対され、それでもなんとかしたいともがいてます。
向こうの親と仲良いと崩れていくのはほんと辛いですよね・・・
私もけっこう仲良かったので、彼母に1対1折伏された時に、
すごく好きなので、宗教からんで嫌いになりたくないんです、っていう風にいいましたよ。
まぁ聞こえちゃいなかったみたいですけどね・・・@

私もまだまだ現在進行形なので、これから色々お話しさせていただけたらなーと思います。
よろしくお願いします^^
[ ] byバレタカモ(URL) 2008/04/30(水) 22:32:11 [Edit]
エミリー様こんばんわ♪ブログ開設おめでとうございます☆

のっけから危険な匂いが漂っておりますが、承諾してしまった物はしょうがないよね♪
折伏が始まったらまずその場でお断りするのは困難と思われますので、『断る理由』ではなく『返事をしない理由』を考えておきましょうね!

嘘でも「来週まで考えさせて」や「親に相談してみます」等等。

ってゆうか事前にしっかり彼氏様とミーティングして即決はしないと断言しておきましょうね。(理想は折伏はさせないって約束させるのがベストだけど♪)

応援してるからがんばってね!
[ ビアさんへ] byエミリー(URL) 2008/04/30(水) 21:43:06 [Edit]
以前から気にかけてくださっていたようですが、今回早速返信くださって嬉しいです。
ビアさんも大変な経験を乗り越えてきて、今もまだ創価問題が続いているようで・・・
大先輩ですね(笑)まだまだひよっこな私をどうぞよろしくお願いします。

おぉぉっいきなり99%折伏ときましたか…(*□*) 心構えができました。
そういえば、受験の合格祈願で友達からたくさんお守りをもらって嬉しかったことを
彼に話したとき、反応が薄かったなぁ。。。いつもは私の嬉しかったことは喜んで聞いてくれるのに。そんな秘密が隠されていたのですね・・・参考になりました。

彼の家庭が創価学会だとわかる前から、彼とのご両親とも仲が良かったので、
これから関係が崩れていくのだと思うと悲しいです。(知っていたらもう少し用心して距離を置いていたのに・・・涙)
そんなご両親ですから、私たちをすぐに別れさせるようなことはしないと思うのですが・・・
宗教のことになったら、どうなってしまうかわかりませんね。ホント予測不可能です。

私のような事情がなくとも、どの親も猛反対しますよね。
でも、私が名前だけでも創価学会に入る確立は、
100%だといっても過言ではありません。
彼のために妥協もできない私が、彼とこの先ずっと一緒にいられるのだろうかと不安です。

あぁ、親御さんとのお食事会・・・なんだか、とんでもないことをすぐに承知してしまった気がします。。。
でも、彼とも、彼の親御さんとも話さないと前に進めないので、なんとか頑張ってみます。
ビアさんのその心強い励ましの言葉を、いつも胸にしまっておきたいと思います。
[ はじめまして。] byビア(URL) 2008/04/30(水) 16:06:34 [Edit]
はじめまして、こんにちは。
チョココさんのところにお邪魔しているビアです。

エミリーさんがチョココさんのブログにコメントをされてからずっと気になっておりました。
でも、前からアドバイスをして下さっていた方々がいらっしゃったので、私がお声をお掛けするのもどうかなぁ?と思いお声は掛けさせて頂かないでおりました。

頼りない私ですが、創価2世の元夫との結婚、姑との確執、離婚、そして今現在は復縁が進行中というという事でほんの少し、エミリーさんよりは創価問題の先輩かな…?(^^;という感じですので、お話をさせて頂きたいと思い、コメントさせて頂いております。

彼の親御さんとの食事、多分、99%、折伏でしょうね…。

私は折伏というものはされた事がありません。
それは何故かというと元夫と初めて会った時から、お守りを持っていたからかもっと思っております。

お守りなんて普通、別にそれ程、深い意味もなくただ、持っているだけで「もしかしたらラッキーな事が起こるかも?o(^o^)o 」とか「凄い災難から逃れられるかも?」とかなんとな~く人生が悪い方に行かないんじゃないかな?」という漠然とした期待で持っているだけの事ですよね?

でも、創価の人は違うのです。
お守りを持っているというのは、自分たちが創価にドップリ浸かっているのと同じ位、そのお守りを発行した宗教・宗派にドップリと浸かっている、という風に思ってしまうみたいです。
お守りはある意味、ほんとうに守ってくれます。

でも「お守りを持っている」=「魔」と彼のご両親からみなされて、彼とのお付き合いが終わりになってしまう場合もあるかと思います…。

エミリーさんのご家庭の事情はチョココさんのところで読ませて頂きました。
本当に難しいですね…。

ただ、エミリーさんのご家庭のような事情程ではなくても創価学会の方との結婚を親御さんが反対されるケースはもうエミリーさんもご存知かとは思いますが山ほどあります。

最終的にどういう結果になるかは解りませんが、創価が絡んで苦しい想いを「自分は一人ではない」と感じられ、そして、勇気を持ってその時その時を生きて行ければ、と思っています。

怖いかもしれませんが、エミリーさんは一人ではありません。
一緒に考えて行きましょう!



COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。